地理学者が哲学に目覚めたら最強だったんじゃないか

オギュスタン・ベルク著『風土学序説』を紹介します。

2018-05-25から1日間の記事一覧

7 人間にとって環境と自分の間に秩序を現すような感受性は必然なのか -1

身体的不全感は問題か否か 僕は以前日本人の物とのかかわり方は控えめに言って混乱している、と言った。 角幡さんはこの状態を病気であると断じながら、また「自覚症状はまったくなく、命に別状もないため罹患してもまったく問題はない」(角幡唯介『探検家…