地理学者が哲学に目覚めたら最強だったんじゃないか

オギュスタン・ベルク著『風土学序説』を紹介します。

2018-07-03から1日間の記事一覧

7 「風土」と人間は同時に実現する -1

プロフェッショナルという姿勢 ところで、現実的な問題に取り組む真剣味では、職業的な専門家の右に出る者はいないかもしれない。 前出『発酵文化人類学』には発酵活動のアマチュアもプロフェッショナルも登場するが、やはり後者の発言は現実をよりしっかり…