地理学者が哲学に目覚めたら最強だったんじゃないか

オギュスタン・ベルク著『風土学序説』を紹介します。

2018-07-07から1日間の記事一覧

3 実存の内容から倫理のあり方を考える

実存は具体的な「ここ」でしか達成できない 世界観の宇宙化がかない「人として実存にめざめる」ことは「自分にとって〇〇がここにあること」に気づくことであるとベルク氏はいう。 p.18 「あれではなくこれがあること、あそこではなくここにあること」―この…