地理学者が哲学に目覚めたら最強だったんじゃないか

オギュスタン・ベルク著『風土学序説』を紹介します。

2018-07-10から1日間の記事一覧

1 人それぞれの風土学(ある地理学者の場合) -1

風土学の実践例 本書には風土学から見た過去の出来事の実例が数多く登場する。 しかし、風土学の視点で現状を見て考え行動するという風土学の実践例は、ベルク氏本人による1つだけしか登場しない。 『風土学序説』第八章 市民体(シテ) 本書の序から七章を…