地理学者が哲学に目覚めたら最強だったんじゃないか

オギュスタン・ベルク著『風土学序説』を紹介します。

2018-07-15から1日間の記事一覧

1 「風土」はミリューからエクメーネへ -1

ある地域性はある人の主体性が及ぶところまで広がる 近代化以前、世界中に存在した共同体では、人間一人ひとりの風物身体は本人が属する地域共同体とほぼ一体であった。 その共同体の一員「として」どうふるまうべきか。 たとえば〇〇をどのように扱うべきか…