地理学者が哲学に目覚めたら最強だったんじゃないか

オギュスタン・ベルク著『風土学序説』を紹介します。

2018-07-31から1日間の記事一覧

1 風土学は政治の普遍的原理にあたる論理を示す -1

政治と倫理の邂逅 人が物をどう扱うべきかという問いは倫理学の範疇である。 物を扱う人が2人以上に増えた際、その問いは倫理と同時に政治の色を帯びる。 バッタリ行きあたった2人が道を譲り合うひとときの「アッ スミマセン」から一国の政治まで、ある場に共存す…