地理学者が哲学に目覚めたら最強だったんじゃないか

オギュスタン・ベルク著『風土学序説』を紹介します。

3 初めて読む方へ

1 拙ブログを読んでくれるあなたへ

拙ブログの全ての記事について 拙ブログで僕が自信をもって断言できるのは、2018年現在の日本において『風土学序説』の図書分類が間違っていることの一点のみである。 この点を含め、これから述べる僕の解釈すべては学問の素人によるもので、内容については…